• 印刷用のDTPデータをWEBページに転用することが一般的になってきました。

    WEBページは、印刷と同時に制作されます。

    当初は、WEBと印刷は別の工程で制作されていました。

    しかしDTPデータをWEBデータに変換するツールが開発されたり、DTPソフト自体がWEBぺージへの変換機能を備えるようになりました。

    その結果、印刷物の校了後にWEBぺージが制作される形をとることが多くなってきました。

  • ソース DTP
  • データの変換と限界

    その理由は、DTPとWEBとのデータ変換が簡単にできるようになったのに加えて、発注者側の事情、自らの負担軽減を進めていることがあります。

    実際の手順としては、制作の当初からデータがすべてそろっているわけではなく、ぺージ制作の進行にあわせて順次デー夕が追加されていき、印刷物の校了と同時にすべてのデータがそろいます。

  • DTPからWEBへ

    しかし、このやり方にも限界が見えてきました。

    印刷用のデータをそのままWEBに転用することができないからです。

    データの変換時にデザインがおかしくなるのです。

    すなわち、印刷とWEBとでは、ページサイズが違い、両者をそのまま転用できないのです。

    したがって、印刷用データの転用は効率的ではなく、印刷物の公開・ 市販よりもWEBの公開が遅くなる傾向がありました。

ページトップへ