• 印刷データ入力

    ここ10年で、オフィスのコンピュータ化が進展しました。

    そのコンピュータのほとんどすべてがWindowsです。

    このWindowsで作られたデータが印刷用データとして印刷会社に渡っています。

    しかし、受け入れ側の印刷会社ではMacintoshが主流であり、Windowsは使われていません。

    そこで、問題が起こります。

    MacintoshとWindowsでは、そのままではデータのやり取りができません。

    すなわちファイルが開けなかったり、文字化けが起こったり、あるいは文書の体裁が維持できなかったりします。

    印刷会社は、それらの問題に対処するために、いくつかの方策を採っていますが、それらは結局は、労力とコストを無駄に浪費することになります。

  • Windowsにそろえるべき

    したがって、WindowsのデータをMacintoshで利用しようということに無理があって、印刷会社がWindows環境を整えればよいということです。

    そうすれば、データを還流したり、マルチユースできたりなどの利点があります。

    顧客は、校了後のデータを欲しがるもので、Macintoshの場合、そのデータをWindowsに変換する必要がありますが、印刷会社がWindows環境なら、その手間がかかりません。

  • mac windows
ページトップへ