• 御用聞き営業

    印刷業界も以前から問題を認識していました。

    単純請負から提案型営業への転換を目指そうとしていました。

    具体的には、従来の単純なモノ作りから、付加価値の高い創造型のビジネスへの転換を目指すものです。

  • 危険

    従来のモノ作りに危機感を抱いてはいたのですが、印刷の商品価値が低下していくなかで、実際に転換に成功した印刷会社は多くありません。

    これまで印刷会社の営業活動は、顧客に仕事があるかないかを尋ねて歩くだけの、御用聞き営業でした。

    従来は、このやり方で受注を最大にできました。

  • 営業の見直し

    ルビンの壺

    そもそも営業の基本は、フェイス・トゥ・フェイス、すなわち実際に顔を合わせることです。

    この点は、通信手段の発達した今日でも変わりありません。

    ただし、今後は、メールや携帯電話も使いこなしていく必要があります。

    両者を使い分けることが重要になるということです。

    また、印刷会社に限らず、製造業全体の傾向として、社内における地位が、技術者が高く、営業マンは低くなっています。

  • 営業マン

    多くの営業マンは、印刷の知識が豊富ではありません。

    したがって、提案型営業をしようにも、営業マンは、何を提案すべきかを知りません。

ページトップへ